メガネの和光 情報発信ブログ

ダンヒル

本日3月26日はサッカーW杯アジア最終予選が開催されます。


今日では本戦出場が当たり前のようになっていますが、
かつては出場する事も困難でした。
過去の代表選手が積み重ねてきた歴史伝統があってこそ、今の日本代表があると言えます。


本日はそんなサッカー日本代表とも馴染みのある、歴史あるブランドをご紹介します。


ダンヒル ロゴ


ダンヒルは1893年にアルフレッド・ダンヒル氏によって設立されました。
元々は馬具を扱う卸業者でしたが、
自動車用品など時代に合わせて様々な物を世に送りだしました。
現在では英国王室御用達のブランドとして、
メンズウェア・バッグ・筆記具・時計・レザーを中心に幅広い商品を展開しています。


ダンヒルはサッカー日本代表に10年以上に渡ってオフィシャルウェア(スーツ)を提供しています。

高品質でデザイン性の高いスーツは数多くの選手から評価され続けています。



もちろんスーツだけでなくアイウェアも魅力的な商品が揃っています。



まずはメタルタイプの1001

DSC_0_20130323104500.jpg




こちらはテンプル(腕)部分が、高級感の溢れる仕上がりになっています。
カーボンファイバーシートが埋め込まれており、
通常のメッキや塗装では表現できない質感があります。



DSC_0120.jpg


カーボンファイバーは軽くて丈夫という優れた特性があります。
航空機や自動車のパーツなど、最先端の工業製品に使用されている素材です。







続いてナイロールタイプの1005
DSC_05.jpg


こちらは立体感のあるバーレイ模様が特徴的です。
ダンヒルの筆記具でよく使用される模様で、
シンプルなデザインの中でも程よいアクセントになっています。

DSC_0124 (2)

テンプル(腕)の素材は、チタンの中でも弾力性のあるベータチタンを採用。
掛け心地もソフトです。



こちらのモデルは蝶番(フロントとテンプルの接合部)が下からネジを差し込む構造になっており、
見た目もすっきりしています。
DSC_0125 3

一見すると気が付きませんが、細部へのこだわりが感じられます。




本日ご紹介したのは2本のみですが、その他のモデルもございます。

どのモデルもシンプルながら飽きのこないデザインで、ダンヒルらしい商品へのこだわりがあります。
伝統的な部分を残しながら、時代の流行を織り交ぜている点がダンヒルの最大の魅力なのです。


DSC_0132 (2)











本戦出場が濃厚な日本代表ですが、是非とも今日出場を決めて欲しいものです。
futta1251m.jpg





ダンヒルは下記の和光店舗でご覧頂けます。

本店・サカエ東店・丸善店・名駅前店・星ヶ丘店・今池店・瑞穂店
太平通店・引山店・藤ヶ丘店・鳴海店・鳴子店
緑店・春日井店・犬山店・師勝西春店・大府共和店・トヨタ生協店
岐阜駅店・松菱メガネサロン・札幌店・東京丸の内丸善メガネサロン
東京日本橋丸善メガネサロン・川崎丸善メガネサロン・高槻松坂屋メガネサロン
神戸店・姫路山陽百貨店メガネサロン・博多丸善メガネサロン
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。)


和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp


  1. 2013/03/26(火) 12:00:42|
  2. ダンヒル
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/96-12638365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)