メガネの和光 情報発信ブログ

ラインアート

今日、3月19日は「ミュージックの日
ミュー(3)ジック(19)という語呂合わせから命名されています。

バイオリン
「音楽とは、知恵よりも哲学よりも、更に高度の啓示である。」
ドイツの偉大な作曲家、ベートーヴェン(1770-1827)の言葉です。

考えることや学ぶことももちろん大切ですが、
音楽を聴くことで心を動かされるという感動も人生を豊かにしてくれるものです。


メガネにも革新的な素材デザインで、
これまでにない「感動」を与えてくれるフレームがあります。

ラインアート ロゴ


ラインアートは、「ラインが奏でる、奇跡の掛け心地」というキャッチフレーズと共に
2009年に発売され、今なお変わらぬ人気を誇っています。

最も大きな特徴は、メガネ用の素材として開発された「エクセレンスチタン」を
使用しているという点で、その弾性を活かしたデザインにより、
軽いのに安定感があるというこれまでにない掛け心地が誕生しました。

デザインによってシリーズに分けられ、それぞれの名前は
音楽の用語から付けられています。


♪クインテットコレクション

1006WI.jpg

クインテットとは五重奏という意味で、5本のエクセレンスチタンを五線譜のように
組み合わせた斬新で優雅なコレクション。
最初に発売されたコレクションで、弊社の中でも最も売れ筋のコレクションです。


♪トリオコレクション

1007OR.jpg

トリオとは三重奏という意味で、優しいカーブを描くラインとボールのモチーフで
若々しくカジュアルな雰囲気のコレクション。


♪カノンコレクション

1018PK.jpg

カノンとは輪唱という意味で、テンプル(腕)から智元にかけて
繰り返されるスタッズが特長のシンプルエレガンスなコレクション。


♪ロンドコレクション

1058VO.jpg

ロンドとは主旋律をくりかえす(輪廻)という意味で、シャープな印象の四角いモチーフが繰り返し並べられ、
アクセサリーを彷彿させるようなデザインが特長。
これまでのラインアートのイメージを覆すデザインで、最も新しいコレクションです。


♪テノールコレクション

1011BR.jpg

ラインアートの紳士用コレクション
テノールとは、男性の高音域の意味で、普遍的でオーソドックスなスタイルを
現代的にアレンジしたビジネスユースのためのコレクションです。


♪フォルテコレクション

1028BK.jpg

ラインアートの紳士用コレクション
フォルテとは強く演奏するという意味で、男性的なデザインと少し高めに設定した側圧が特長のコレクション。
テノールコレクションよりボリュームのある前枠とテンプル(腕)で、大人のカジュアルシーンにもぴったり。



ラインアートシリーズは各コレクションの中でもスワロフスキーが付いたもの(クインテットコレクション)や
前枠がチタンの板抜きカジュアルなもの(トリオコレクション)などがあり、
デザインも豊富で世代を超えてお楽しみいただけます。

そして、音楽が録音されたものよりも生の演奏の方がパワーを感じるのと同じように、
メガネも店頭で実際にかけてみることで商品の特長を体感することができますので、
ぜひお試し下さい。


ラインアート和光全店でご覧頂けます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。)

和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp

  1. 2013/03/19(火) 10:00:00|
  2. ラインアート
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/92-8f3cb90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)