メガネの和光 情報発信ブログ

ハビビ

お正月もそろそろ終わり、季節は一年で最も寒いといわれる
大寒を迎えようとしています。

大寒

そんな寒さが厳しい中、心が暖かくなるような想いを感じられるフレームがあります。

habibiロゴ

ハビビ
アラビア語で「親愛なる人」という意味を表すこの言葉は、
このメガネをかける人への呼びかけであり、
大切な人への贈り物を作るような気持ちでメガネをつくっている
作り手の想いがこめられています。

無駄な装飾を抑えたデザインで、細部までこだわった上品な仕上がりが特徴。
すべて日本最大の眼鏡生産地である鯖江でつくられています。


テンプル(腕)のデザインが立体的で、見る角度によって様々な印象を与え、
エレガンスさを演出しているモデル
H154-1.jpg

この立体的な構造は鯖江の最高技術を駆使して製造されています。
H154-2.jpg
見た目だけではなく、掛け心地も追求したデザインに加え、
職人による複雑な色の調合により生み出されるカラーも魅力を引き立てます。


3つの輪の中心から水面に波紋が広がるイメージのデザイン
H153-1.jpg

リングの中抜き面には高度な特殊加工を施し、綺麗に仕上げています。
H153-2.jpg
波紋の様子が智元にもデザインされています。


智元から流れる動きを表現したモデル
H157-1.jpg
グレーがかったベージュが珍しいカラーですが、
肌を綺麗に見せ、上品な印象を与えてくれます。

H157-2.jpg

流れのループに星屑のようにラメが散りばめられ、
控えめながらも高級感があります。

もちろん、このループの中抜き面も特殊な加工で
綺麗に仕上げられています。


このように、細かいところのディテールにもこだわったつくりや
機能性のあるデザイン、肌なじみを考えた上品なカラー
日本製ならではといえるのではないでしょうか。和装にもお薦めです。


まだまだ寒い日が続きますが、想いのこもった製品を使い、
心は暖かくして、「親愛なる人」との時間を大切に過ごしたいものです。



ところで、昨日1月17日は阪神・淡路大震災があった日です。
阪神大震災
あれから18年。
私達ができることは「忘れない」ということではないでしょうか。



ハビビは下記の和光店舗でご覧頂けます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。)

名駅前店・星ヶ丘店・太平通店・ヨシヅヤ名西店・上飯田店・藤ヶ丘店・鳴海店・鳴子店
師勝西春店・半田乙川店・岐阜駅店・東京日本橋丸善メガネサロン・川崎丸善メガネサロン
姫路山陽百貨店メガネサロン

 和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2013/01/18(金) 10:00:00|
  2. ハビビ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/76-bd8b5913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)