メガネの和光 情報発信ブログ

メガネのケア方法

ひな祭り


明日はひな祭り
寒さが残るこの時期は、ひな飾りの明るい色がこれから来る春の訪れを感じさせ、
華やかで明るい気分にさせてくれますね。

今回はご自宅でのメガネのケア方法について
振り返ってみたいと思います。

和光でお求めいただいたメガネを、良い状態で長くご利用いただくために、
店舗での定期点検をお薦めしていますが、
普段のお手入れ方法に気をつけていただくことも大切なことです。



水洗い
レンズ表面についたほこり等を洗い流します。

乾拭きは傷の原因となるため避けましょう。
また、お湯を使うのも、
クラック(レンズコーティングにヒビが入る現象)の原因となるため避けましょう。

また、油汚れなどを落とす際、薄めた台所用中性洗剤は使用が可能です。
せっけんやシャンプーは、レンズやフレームに影響を及ぼす可能性があるため使用は避けてください。


レンズを拭く
水洗い後、すぐティッシュペーパーで水分を取り、メガネ拭きで拭きます。
メガネ拭きを使用する際、メガネ専用クリーナがあれば、ご利用ください。

レンズに水垢が残らないよう、自然乾燥は避けましょう
ハンカチやタオルなどで拭くのは、傷の原因となるため避けましょう

フレームに付いた水分もしっかり拭きとってください。


拭き方は、ブリッジ部(中央鼻部分)を人差し指と中指ではさみ、
レンズを囲むように親指で固定すると、
フレームに負担をかけず拭くことができます。

        拭き方


お手入れの際、店舗にて販売している
専用クリーナーとトレシー(メガネ拭き)をご利用いただくこともオススメです。

専用クリーナーには、汚れを落とす役割に加え、帯電防止、消臭などの効果もあるため、
水洗いで仕上げるよりも効果があります。

マルチルック+トレシー




お求めいただいたメガネを永くご愛用いただけるよう、
これらのご自宅でのお手入れとともに、
和光店舗での定期的な調整にもぜひお越しください。

普段のお手入れではなかなか難しい溝や細部の汚れ落としや、ネジの緩みチェック、
フレームのツヤ出し、掛け心地の調整や、視線の通る位置の確認も
同時にさせていただきます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。



和光新ロゴ小 http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2018/03/02(金) 10:00:00|
  2. 本社統括部
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/658-4ec561bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)