メガネの和光 情報発信ブログ

ダンヒル

明日、9月22日は秋分の日
これから夜の時間が長くなっていき、いよいよ季節は
本格的な秋へと移り変わっていきます。

季節も、そして時代もめまぐるしく変わっていく…

“変化”はその時代を生きるものにとって、時に
打撃を与えることもありますが、飛躍するための
大きなチャンスになり得ることもあります。

本日は、時代の移り変わりに敏感に反応し、
したたかに適応していったイギリスの老舗ブランド
ダンヒル のご紹介です。

ダンヒル ロゴ


ダンヒルは現在、紳士服を中心に スーツ・ネクタイ・鞄
財布・時計など、アクセサリー製品も扱うトータルブランドです。

そんなダンヒルの、メガネフレームの
コンセプトは「トラディショナル&モダン」
伝統的でありながら、常に時代を意識したデザインが特徴です。


ダンヒル 012


ダンヒルの技術が詰まったソフトな掛け心地、
そして何より洗練されたデザイン性が魅力。

仕事にも遊びにも精力的で、ライフスタイルに
こだわりを持った、本物志向の男性のためのフレームです。


ダンヒル 010


フロントはクラシカルな雰囲気のオーソドックスなシェイプ。
遠近両用レンズも無理なく入ります。


ダンヒル 004


テンプル(腕)サイドの装飾にもこだわりがあります。
写真(下)は、ダンヒルのライターにも使われている
網目模様“ダイヤモンドパターン”を施し、モダンな印象に。


ダンヒル 005


ポイントにヴィンテージロゴを配し、
高級感漂う大人の男性を演出してくれます。


ダンヒル 001



元々、ダンヒル馬具を扱うメーカーでした。
しかし19世紀末には、馬車から自動車へと交通革命が
起こり、事業を自動車用品販売へと切り替えます。

1907年には喫煙具、1930年代には筆記用具・時計・
化粧品
を扱い、そして1970年代後半になると
紳士服装身具へと進出を果たし、現在に至ります。


時代を読み、柔軟に提供する商品を変化させながらも
ダンヒルがずっと変えなかったもの…
それは、高品質とデザインを両立させるという
徹底した“美意識”でした。

どんなに時代が変わろうとも、絶対に“変えられないもの”がある。
その大切さを、ダンヒルはこれからも私達に教えてくれるはずです。




ダンヒルは、和光全店でご覧頂けます。
また、10月4日(木)までエグゼクティブセレクション 2012 も開催中。

今回ご紹介したダンヒルも、特別価格にてご用意いたしております。


エグゼ ロゴ


メガネの和光 ホームページ  http://www.megane-no-wako.co.jp
 
 和光ロゴ







  1. 2012/09/21(金) 11:10:00|
  2. ダンヒル
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/41-c19a1b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)