メガネの和光 情報発信ブログ

ローデンストック

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SSタイトルPOP(小)

和光では4/5(日)までスタイリッシュセレクションを開催中。
期間中は機能だけではなく、デザイン性も兼ね備えたフレーム
お求めやすくラインナップ

さらに店舗限定オリジナル企画同時開催中
各ブランドをブログにてご紹介しています。

詳しくはこちらへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本日、3月27日は 「さくらの日」。

3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから、
1992(平成4)年、「日本さくらの会」によって制定されました。

日本の歴史や文化、風土と深く関わってきた桜を通して、自然や文化について関心を深めることを目的としています。

このように日本を象徴する花・桜ですが、ヨーロッパ・ドイツにも桜の名所と言われている街があります。


CherryBlossom.jpg

ドイツの都市・ボンにある旧市街地には、街中の道沿いに日本の八重桜が植えられています。
4月上旬が桜の見頃で、空に覆いかぶさるように咲く桜の花は、日本の桜とはひと味違う美しさがあるようです。




ローデンロゴ2.jpg


今回は、そのようなドイツで生まれたブランド・ローデンストック
「ローデンストック 2015年春 新作コレクション」の中から一部をご紹介します。

ローデンストックフレームの中ではメインのコレクションとなる「エクスクルーシブ(EXCLUSIV)」。
品質と機能性に重点を置き、さらにドイツの上品で重厚なデザインにこだわった最高級のフレームです。


248
R0248B.jpg

R0248A.jpg
シャープなレンズシェイプが特徴のフルリムモデル。

このモデルのテーマは、「モンドリアン」。
(モンドリアンとは、オランダ画家、ピエト・モンドリアンが確立した、線と面による独特の抽象的作風のこと。)


R0248B-3.jpg
職人の手仕事(七宝・プリント)によって彩られたテンプル(腕)は見える角度、反射などによって様々な表情を演出。
見る人によって感じることが違う、まさに絵画を表現しているようです。


R0248A-2.jpg
サイドにはスワロフスキーがあしらわれていて、宝石のような美しい輝きを放っています。


249
R0249A-6.jpg
テンプル形状が、248と同一の縁無しタイプもございます。


R0248B-2.jpg
ここでご紹介している全モデル、バネ丁番「ローダフレックス」による快適な掛け心地を実現。
フレームを掛けた時にテンプルが外に広がりにくく、見た目の印象もすっきりとします。



242
R0242A-3.jpg

フロント部の一体成型により、 丈夫さとデザイン性に優れたフルリムモデル。

このモデルのテーマは、アーキテクチャー。
(アーキテクチャーとはもともと、建築分野における設計思想や建築様式のこと。)


R0242D-1.jpg
R0242A-2.jpg
テンプルは、建築物のような立体感を持たせることで、光と陰のコントラストが美しいデザインになっています。


246
R0246B-3.jpg
丸みを帯びたスクエアなシェイプのフルリムモデル。

このモデルのテーマは、ダイヤモンドカット。
(ダイヤモンドの輝きや煌めきを決定づける、一番大切な要素が「カット」です。 )


R0246A-1.jpg

R0246B-1.jpg
サイドからテンプルにかけて、ダイヤモンドカットをイメージした模様を表現。
特殊な技術で光輝く一滴の形を表現することで、高級感を演出しています。

この模様のカラーと周辺のカラーを変えるなど、工夫を凝らした色使い・デザインにも注目です。




ローデンストックは、「眼鏡をより楽しく、軽く、シンプルに快適に着用するにはどうすれば良いのか。」を
常に考え、そこから革新的なフレームを生み出しているブランドです。

この春、ローデンストックでひと味違う、掛ける喜びを感じてみてはいかがでしょうか。




ローデンストック和光全店 でご覧いただけます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせください。)

和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2015/03/27(金) 10:00:00|
  2. ローデンストック
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/331-07530e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)