メガネの和光 情報発信ブログ

ショパール

すゝしさを砕けてちるか滝の玉   
                       正岡子規



ごうごうと勢いよく吹き出る大量の水
一斉にばら撒かれる玉のような水しぶき
それが岩にあたり、細かく砕けながら光を反射させていく
美しく煌く宝石のように


今回は、そんな滝の水しぶきからインスピレーションを得て、
誰もが魅了する時計や宝石を作り出したブランドをご紹介いたします。

ショパールロゴ


ショパールは1860年、時計精密機器の工房としてスイスに誕生しました。
その後、経営権がドイツで高級宝石を手がけるカール・ショイフレに渡り、
ドイツの宝石技術とスイスの精巧なテクノロジーが融合した
独自の地位を築くことに成功。
スイスを代表する高級宝飾ブランドとなりました。


そして生まれたのが、滝の水しぶきからヒントを得た宝飾時計です。
宝石本来の煌きを最大限に活かしたこのシリーズは、時計だけでなく
多くのバリエーションを誇るコレクションへと成長しました。


ショパールのメガネフレームにも、その煌きは表現されています。
今回はその中から、いくつかご案内致します。


まずは、テンプル(つる)に、楕円形のモチーフが配されたシリーズ

ショパール2

オリジナルカラーの七宝が煌きを放ち、
高貴な雰囲気を演出してくれます。

ショパール1

発色の美しさと、スワロフスキーの豊かな表情が魅力的なこのフレームは、
大人の女性を引き立てる、上品な高級感を醸し出してくれます。





続いては、スワロフスキーを配したリング
大胆にカットしたショパールのロゴが特徴のフレーム

このロゴは、時計やジュエリーなどでもモチーフとして使われています。

ショパール4

特徴的なレンズサイドのデザインに、表情ある太めのテンプル
使うことで、高級感あふれるモデルとなっています。

ショパール5






最後は、ショパールのコレクションの中でも
洗練された印象を持つ“Ice Cube”ラインに基づくモデル。

ショパール6

その名の通り、角氷のようなスワロフスキーが、
左右合わせて40個、ゴージャスかつ繊細に並んでいます。

小さなスワロフスキーを多数使用することで、
派手すぎず洗練された印象を与えています。

ショパール7

太めのテンプルは、ボリューム感を出しつつ、
スワロフスキーを引き立てるカラーリング。

ジュエリーを身に着けるような感覚で、
トータルコーディネートを楽しめるフレームです。




「伝統を尊重し、良いものを創ることを愛し、求め、
最高の水準・創造性を指向する」
というコンセプトのもと、
ショパールは最高級品質の商品を世に送り出してきました。

その煌きは、砕け散る滝の水しぶきの様に
今も世界を輝かせています。

水しぶき1


ショパールは、下記の和光店舗でご覧頂けます。

本店・丸善店・サカエ東店・名駅前店・瑞穂店・星ヶ丘店
神宮前店・鳴子店・緑店・引山店・鳴海店・ヨシヅヤ名西店
藤ヶ丘店・大府共和店・師勝西春店・春日井店・トヨタ生協店
岐阜駅店・札幌店・松菱メガネサロン・高槻松坂屋メガネサロン
姫路山陽百貨店メガネサロン・博多丸善メガネサロン



メガネの和光 ホームページ  http://www.megane-no-wako.co.jp
 
 和光ロゴ

  1. 2012/07/31(火) 15:00:00|
  2. ショパール
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/26-63e2d5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)