メガネの和光 情報発信ブログ

ドレスコード モードライン

「スタイリッシュかつ上品」
「派手になり過ぎず、大人のファッションアイテムとして最適」
「高いファッション性と共に、文化的な香りも感じる」


これらは、あるメガネブランドのメーカーに寄せられたお客様の感想です。

そのメガネブランドは Dress Code(ドレスコード)

Comforts Design(心地よさをデザインする)」というコンセプトのもと、
生活に満足感を求める上質な大人のスタイルを提案しているブランドです。


ドレスコードロゴ



ドレスコードは2つのカテゴリーで構成されています。

「Structure Line(ストラクチャーライン)」 … 掛け心地とクオリティにこだわったライン
「Mode Line(モードライン)」 … 美しさと創造性を表現したライン


今回は「Mode Line(モードライン)」をご紹介。

      (ちなみに「Structure Line(ストラクチャーライン)」の紹介はこちら



DC1.jpg


「Mode Line(モードライン)」は、美しさと創造性を表現したモデルです。

日本人女性の繊細な顔立ちに映える美しい曲線と、上品なカラーリングが特徴。
「大人の艶」を最大限に引き出しながら、
掛ける人と見る人、どちらも魅了させるフレームです。


DC2.jpg


デザインのクオリティだけでなく、快適な掛け心地にもこだわっています。
顔幅に沿って広がるバネがこめかみの圧迫感を軽減させ、
ソフトな掛け心地を提供しています。

モードライン図




2012年春夏コレクションのテーマは「Accessorize ~引き立てるメガネ~」
ヴィンテージアクセサリーにインスパイアされたコレクションです。

写真(下)は大きめのジュエルがついているモデル。
アクセサリーを付けているような華やかな印象になります。
丸みのあるカッティングが施され、かわいらしさと大人っぽさが表現されています。


DC3.jpg



また、同じコレクションに大ぶりのアクセサリーをモチーフにしたモデルもあります(写真下)。
全体的に丸みがついているので、掛けたときにやわらかい印象になると同時に、
無駄のないラインにより顔周りをすっきりと見せることができます。
サイドに空間が空いているので、軽やかな雰囲気にもなります。


DC4.jpg



独自の感性と価値観を持ち、自分に似合うものを知る大人の女性に向けて、
最新の技術と洗練されたデザインでフレームを提供してきたドレスコード。


そんな美しさと強さを兼ね備えたフレームは、
1歩踏み出すことをためらっていた女性の自信を引き出し、
そっと背中を押してくれるかもしれません。




ドレスコードは、下記の和光店舗でご覧いただけます。

本店・サカエ東店・丸善店・名駅前店・ヨシヅヤ名西店・緑店
太平通店・上飯田店・星ヶ丘店・藤ヶ丘店・今池店・鳴海店
引山店・瑞穂店・トヨタ生協店・半田乙川店・師勝西春店
松菱メガネサロン・日本橋丸善メガネサロン・博多丸善メガネサロン



メガネの和光 ホームページ  http://www.megane-no-wako.co.jp
 
 和光ロゴ

  1. 2012/07/20(金) 12:00:00|
  2. ドレスコード
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/23-4c0d0614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)