メガネの和光 情報発信ブログ

ルノア

本日はアンティーク眼鏡の美しさ現代的な眼鏡の掛け心地の良さ
追及することにより生まれたドイツの眼鏡ブランド
ルノア ロゴ


をご紹介致します。



ルノアは1992年にアンティーク眼鏡の収集家として名高い
ゲルノット・リンドナー氏により作られました。

Lunor Gernot




Gernot Lindner

オーストリア チロルの眼鏡技術大学で学び、眼鏡店勤務ののち
国家資格の試験官やかつて世界最大の眼鏡・光学品メーカーであった
アメリカン・オプティカル社での教育担当、エンジニアなどの経験と
知識を経てルノア・コレクションの発足させました。彼の経験と知識は
美しいデザインだけでなく製造面にもふんだんに活かされています。







そんな本格派クラシカルモダンブランドであるルノアの眼鏡をご紹介します。


□ ルノア Swingシリーズ
元々は1910年頃に戦場にて片目を失った傷痍軍人が老眼になった際に、
左右別度数のレンズを入れ上下反転させて使用できるように作られたモデルで、
それを現代に蘇らせたデザインがSwingです。

ルノア 1
可変式のブリッジ(鼻)が特徴的で、
日本人の鼻にもフィットするようにアジアンモデルになっています。


□ ルノア Combiシリーズ
Combiはフロントの上部とテンプルにセル(プラスチック)を使用したモデルです。

ルノア 2
1950年頃に実在した世界的に人気があったモデルを現代に蘇らせたデザインで、
見た目だけでなく作りの随所に美しさと堅牢さを感じることのできるルノアらしいフレームです。


□ ルノア セルAシリーズ
セルAシリーズ独特な丸みを持つ金属蝶番デザインが美しく、
柔らかさと金属の持つ力強さを持ち合わせた秀逸なシリーズです。

ルノア 3
セル(プラスチック)ながら主張しすぎない太さや、
ライトブラウン・マットカラーなどの色合いは男女を問わずルノアの良さを感じながら
掛けられるアンティーク感トレンド感の溢れるデザインです。

また、それぞれに本革または木製の専用ケースがつき(品番によって異なります)
細部にまでこだわりを感じられるブランドです。


ぜひ、この美しいクラシカルモダンなデザインドイツクラフトマンシップの力強さをあわせ持つ
ルノア・コレクションをこの機会にお店でご覧になって下さい。



ルノア 本店 にてご覧頂けます。
(掲載商品の有無につきましては、取り扱い店舗にお問い合わせください。)


和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp



  1. 2013/06/01(土) 10:00:00|
  2. ルノア
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wako01.blog.fc2.com/tb.php/118-09b1fd6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)