メガネの和光 情報発信ブログ

定期点検のおすすめ

本日 10月10日『目の愛護デー』です。
1931年に中央盲人福祉協会が「視力保存デー」の名称で制定し、戦後に
厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と改称して今日に至っています。

月日の10と10を横に倒すと眉と目に見える事からこの日になったそうです。
また、アイバンクも1963年10月10日に開設されました。

最近は、タブレット端末やスマートフォンなど、何かと目を使う事が多い
ライフスタイルになって来ましたが、この日を機会に目や視力について、より関心を
持っていただければと思います。


視力をサポートするメガネを装用した快適な視生活をお送りいただくためには
用途に合わせたレンズの度数を設定する必要があります。

メガネの和光では、お客様の現在の見え方やライフスタイル、
仕事内容など、快適なメガネをつくるために必要な情報をうかがいます。


検眼室


最新測定機器と豊富な知識を駆使して
視力を綿密にチェックし、これをもとに目的に合わせた度数を決定します。

また、快適な見え具合を保つために定期的な点検と調整をおすすめしています。

メガネは毎日の使用により、ネジのゆるみやフレームの微妙な変形がおこる場合があります。
メガネが下がってしまうと、目とレンズの焦点の位置がズレてしまい、
見え方に不具合が生じたり、疲れの原因にもなります。


チャート


そこで、メガネをお作りいただいた時の様々なデータに基づいて点検と調整を行い、
ベストな掛け具合を保つことが重要になります。

メガネの和光では、お買い上げ後の "定期点検" 
一年に一度の "視力チェック" をおすすめしています。
ご使用中のメガネの見え具合や掛け具合など、
是非お気軽にご相談くださいませ。
  1. 2019/10/10(木) 10:00:00|
  2. 本社統括部
  3. | トラックバック:0

メガネのクリーニングについて

現在メガネの和光では、サマーフェスタを好評開催中です。


サマーフェスタ タイトル


期間中は、和光のすべてのフレームがお買い得。
高機能・高品質フレームやブランドフレームを特別価格でお届けいたします。
ぜひこの機会にお立ち寄りください。


さらにこの時期にご確認いただきたいのが、
現在お使いのメガネのコンディション。
そこで今日は、メガネのお手入れ方法についてご紹介いたします。


はじめに、水洗いでチリやホコリなどの汚れを洗い流します。
  カラ拭きは傷の原因になります。
  また、お湯を使って洗い流すのも
  クラック(レンズコーティングにヒビが入る現象)の原因となるため、水洗いがおすすめです。


水洗い


次に、ティッシュペーパー等で水分を拭き取り、メガネ拭きで拭き上げてください。
  フレームに付いた水分もしっかり拭きとってください。

  拭き上げのお手入れの際、店舗にて販売している
  専用クリーナーとメガネ拭きをご利用いただくこともおすすめです。

  専用クリーナーには、汚れを落とす役割に加え、帯電防止、除菌などの効果もあるため
  水洗いのみで仕上げるよりも、よりきれいに仕上がります。

マルチルック+トレシー


以上がご自宅にて可能なメガネのお手入れ方法ですが、
普段のお手入れではなかなか難しい

 ① 細部(鼻あて部やフレームとレンズの間の溝など)の洗浄
 ② ネジの緩みチェック
 ③ 掛け心地の調整
 ④ 視線の通る位置の確認

などのチェックのため、お求めいただいたメガネを永くご愛用いただけるよう、
和光店舗での定期的な調整にぜひお越しください。
(お近くの店舗はコチラにてご確認いただけます)

皆様のご来店を心よりお待ちしております。




和光新ロゴ小 http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2019/07/19(金) 10:00:00|
  2. 本社統括部
  3. | トラックバック:0

快適な視生活のために

本日は "視力チェックと定期点検" についてご案内します。

快適な視生活をお送りいただくためには
用途に合わせた度数を設定する必要があります。

メガネの和光では、お客様の現在の見え方やライフスタイル、
仕事内容など、快適なメガネをつくるために必要な情報をうかがいます。


検眼室


最新測定機器と豊富な知識を駆使して
視力を精密にチェックし、これをもとに目的に合わせた度数を決定します。

また、快適な見え具合を保つために定期的な点検と調整をおすすめしています。

メガネは毎日の使用により、ネジのゆるみやフレームの微妙な変形がおこる場合があります。
メガネが下がってしまうと、レンズの焦点の位置がズレてしまい、
見え方に不具合が生じたり、疲れの原因にもなります。


調整


そこで、メガネをお作りいただいた時の様々なデータに基づいて点検と調整を行い、
ベストな掛け具合を保つことが重要になります。


メガネの和光では、お買い上げ後の "定期点検" 
一年に一度の "視力チェック" をおすすめしています。
ご使用中のメガネの見え具合や掛け具合など、
是非お気軽にご相談くださいませ。


和光新ロゴ小 http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2019/06/01(土) 10:00:00|
  2. 本社統括部
  3. | トラックバック:0

新しい時代に向けて

本日は5月1日 「即位の日」。

二重橋2

新元号「令和」が始まりました。

hinomaru.jpg

多くの方が新たな気持ちで迎えているでしょう。
大安ということもあり、結婚式や入籍を行う人も多いと聞きます。



さて、新しい時代の訪れは、
メガネにおいてもさらなる進化が見られそうです。

以前、昭和から平成に改元した頃は、
メガネレンズの素材はガラスからプラスチックへと本格的に移行しはじめ、
その後プラスチックレンズは更なる進化を遂げてきました。

HOYA_image.jpg

そして、いよいよ「令和」を迎えた今、
よりハイレベルなレンズの設計が開発され、
これまでにない精度で一人ひとりに合わせた
メガネが作られるようになってきました。


そのような時代のなかで、
メガネの和光が大切にしていきたいことは、
単にメガネを提供していくだけではなく、
一人ひとりのお客様の期待にお応えできる、
しっかりとしたコンサルティングを行っていくことだと考えています。


_MG_8382.jpg

和光はこれからも、
「メガネを通してお客様の生活品質の向上に寄与したい」
という思いを一層深め、
これまで積み重ねてきた技術・品質・サービスを更に追求し、
皆様に和光ならではの
「快適な視生活」をお届けしてまいります

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。



和光新ロゴ小 http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2019/05/01(水) 10:00:00|
  2. 本社統括部
  3. | トラックバック:0

新入社員が入社しました

桜


4月は多くの企業で入社式が行われます。
新社会人になられた皆様には、ご卒業と、ご入社のお祝いを申し上げます。


メガネの和光にも新入社員が入社しました。


メガネの仕上がりには、社員の知識や技術力が大きく影響します。
快適なメガネをお作りするには、お客様のライフスタイルに合わせた最適なレンズの提案や
レンズの性能を最大限に引き出すためのフィッティングなど、
専門知識や高度な技術が必要です。



和光では商品の品質だけでなく、社員の質にもこだわりを持っているからこそ
正社員のみで運営し、10年間にわたる研修カリキュラムによって
社員一人ひとりの知識、技術力ともに高いレベルを追求しております。

研修風景

新入社員は入社前より研修を行い、
大きな期待と不安を胸に、これから店頭に立ちます。

もちろん知識・技術の習得にはまだ遠く、できることは限られますが、
「お客様のお役に立ちたいという強い気持ちは持っております。

しばらくの間は、先輩社員のサポートが付ながらの対応となりますが、
これから一人前の社員を目指し精進してまいりますので、
今後ともよろしくお願い申し上げます。


和光新ロゴ小 http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2019/04/01(月) 10:00:00|
  2. 本社統括部
  3. | トラックバック:0
次のページ