メガネの和光 情報発信ブログ

MASUNAGA

先見の明と言うことわざがあります。(出典:後漢書)
短く言うならば、先の先を見抜く力という意味です。
単に先を見抜くといっても過去あっての現在、現在あっての未来ですので、
過去からの流れや情報を参考に、自分が取るべき行動や策を講じることを意味します。

身近な例として、雨が降ることを予想して傘を持って出かけること。
また、一瞬のひらめきを元に行動することが将来を左右する出来事につながり、
結果として予想通りの方向に向くとき、先見の明があると言えます。


MASUNAGA.jpg


この先見の明によって、1世紀以上に渡って躍進を続ける
鯖江の老舗眼鏡メーカー・増永眼鏡株式会社
本日は増永オリジナルブランドの中からMASUNAGAをご紹介します。

ブランドコンセプトは「明日を愉しむカラー」です。

MA-3210.jpg
MA-3210
フロントはすっきりとしたスクエア型
テンプル中央をくり抜いたデザインで軽やかさを表現しています。
フロントとテンプル(腕)でカラーが異なり
さらに、フロントだけに注目してもツヤあり・ツヤなしカラーがあるので各々の質感を楽しめます

MA-3710.jpg
MA-3710
こちらは、プラスチックとメタルの異素材を融合したオシャレな1本。
フロントは異なるプラスチックカラーのコンビネーションになっています。
部分的に厚みに違いを持たせたテンプル(腕)がやさしく頭部を包み込みます。
テンプル(腕)形状はMA-3210と同一です。

MA-3221.jpg
MA-3221
特徴あるフロントシェイプは是非、女性にもかけていただきたいデザインです。
下リムにハイブリッドチタンを採用。
通常のチタンと同じ強度を保ちつつ細くすることで、フロントに強弱が生まれスマートさを演出
また、透明感のあるモダンカラーにすることで軽快な印象を実現しています。

MA-3814.jpg
MA-3814
女性が見て、かけて楽しい、かわいいと思うテーマを形にしました。
よく見ると、森の中にリス・ウサギ・トリが隠れています。
カラフルな七宝多彩なカラーで横顔をかわいらしく演出してくれます。

MA-3815.jpg
MA-3815
テンプル(腕)の二重構造がバラの花びらと葉っぱを立体的に表現。
素材はチタンのため軽量で、大人の女性にお勧めです。
遠近両用に対応可能なレンズシェイプになっています(MA-3814も同様)。


ここに紹介させていただいたのはMASUNAGAのほんの一部に過ぎません。
ごく一部にも関わらず、これだけのバリエーションに富んだデザインや素材を形にできるのは、
過去の技術を徹底的に分析することで生まれる高い技術力があるからこそです。

我々も末永く皆様に和光の店舗へと足を運んでいただけるよう、
今まで以上にご満足いただけるサービス・技術の提供に努めます


今年も残すところあと数日となりました。
どうぞ、年末を健やかにお過ごしください。


MASUNAGAは下記の和光店舗でご覧いただけます。
掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。

本店・引山店・緑店・川崎丸善メガネサロン・神戸店・博多丸善メガネサロン

 
 和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2012/12/28(金) 10:00:00|
  2. MASUNAGA
  3. | トラックバック:0