メガネの和光 情報発信ブログ

ポールスミス

人気のトリックアートは、日常ではありえない世界を体験させてくれます。
絵画という枠を超え、既成概念にとらわれない表現だからこそ驚きや感動が
生まれると思います。

IMG_0865.JPG / veroyama



それは、ポールスミスの大切にしている言葉「NEVER ASSUME」に通じる感じがします。
「NEVER ASSUME」とは既成概念にとらわれてはいけない、思い込みは厳禁という意味です。
様々な物事を優れた感性で受け止め、独自のファッションスタイルを築いたポールスミスらしい
言葉だと思います。
       union-jack-flag.jpg

PSS_Logo.jpg

本日は、人気のポールスミスNEWモデルをご案内いたします。



秋を先取りした色使いをバリエーションに持つPS-9606、PS-9609は、
思わず手にとって掛けて見たくなる、とても雰囲気のあるメガネですね。
絶妙なツートンカラーは、やはりポールスミスのインスピレーションが表現されていると思います。
PS-9606・9609



スーツと相性の良いPS-9166とPS-9512です。
テンプルには、弾力性のあるベータチタンの板バネが使われていて、シンプルなデザインを
損なわず、掛け心地の良いビジネスモデルに仕上がっています。
PS-9166・9512
板バネ(右側)にもロゴが入って、細部にこだわったPaul Smithの遊び心が感じられます。
PSバネ-ロゴ



テンプルに、お馴染みのメッセージ「Good Day Sunshine(いい日だね)」が施されたPS-9388、
PS-9389、PS-9390
繊細なデザインと色合いが、女性に人気のモデルです。
PS-9388・9389・9390



カジュアルなウェリントンは定番ですね。
丸味のあるレンズシェイプのPS-9393とスタイリッシュなレンズシェイプのPS-9394
どちらも掛けてみたくなるフレームです。
PS-9393・9394


人を惹きつけるポールスミスの魅力は、やはり仕上がりの良さと
クォリティの高いデザインだと思います。
是非、お近くの和光の店舗でお試し下さい。



ポールスミスは下記の和光店舗でご覧頂けます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。)

本店・サカエ東店・名駅前店・星ヶ丘店・今池店・瑞穂店・神宮前店
太平通店・ヨシヅヤ名西店・上飯田店・藤ヶ丘店・鳴海店
緑店・春日井店・犬山店・師勝西春店・半田乙川店・大府共和店・トヨタ生協店
岐阜駅店・松菱メガネサロン・札幌店・東京丸の内丸善メガネサロン
東京日本橋丸善メガネサロン・川崎丸善メガネサロン・高槻松坂屋メガネサロン
神戸店・姫路山陽百貨店メガネサロン・博多丸善メガネサロン



和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2013/09/10(火) 10:00:00|
  2. ポールスミス
  3. | トラックバック:0

ポールスミス新作

11月に入り、秋も深まってきました。
本格的な紅葉シーズンも目の前です。
色づいた山々は訪れる人の心を満たします。

そんな紅葉のように美しいフレームが
ポールスミスの新作にあります。

ポールスミス
ポールスミスはイギリス発祥のブランドです。
1970年にデザイナーのポールスミスがノッティンガムに自身の店を構えて以来、
世界中から大きな支持を得てきました。
メガネ以外でも、衣服や時計等でデザインを手掛けています。

ポールスミスのブランドに関してはこちら


今回はその中から2モデルを紹介します。

まずはレディスモデルのPS-9384
9384-1.jpg


スタンダードなレンズシェイプはどなたでも自然に掛けこなす事ができます。
フロントからテンプル(腕)にかけての流れるようなフォルムは
エレガントな印象を与えてくれます。
9384-2.jpg


表と裏で異なる色のアセテート生地をラミネート加工で貼り合わせてあり、
シンプルながら手の込んだ作りになっています。
その為、見る角度によって様々な表情を与えてくれます。
9384-3.jpg


続いては秋らしいカラーのメンズフレーム、PS-9386
ブリティッシュテイストを演出するボックスシェイプは
ブランドコンセプトでもある「独創的クラッシック」を体現したデザインです。
9386-1.jpg


フロントとテンプルはバネ性のある板状の金属で繋がれており、快適な装用感を生みだします。
9386-3.jpg


本日ご紹介したモデルには
「Good Day Sunshine」という刻印が刻まれています(日本語で"いい日だね"という意味)。
その言葉にちなんだ太陽のロゴもついています。
DSC_0376.jpg

DSC_0.jpg
ポールスミスらしい遊び心ですね。


ポールスミスは和光全店でご覧頂けます。
季節にぴったりな新作を是非一度ご覧下さい。


※掲載商品の有無に関しましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。


メガネの和光 ホームページ  http://www.megane-no-wako.co.jp
 
 和光ロゴ

  1. 2012/11/02(金) 12:00:00|
  2. ポールスミス
  3. | トラックバック:0

ポールスミス 2012サマーコレクション

イギリスのことわざに、このようなものがあります。

「When Fortune knocks, open the door.」
(運命の女神が戸をたたいた時は、その扉を開けなさい)


今回ご紹介するフレームは、まさにそんなチャンスを自分のものにした
イギリスのデザイナーポールスミスの最新コレクションです。

ポールスミス

ポールスミスは1946年イギリスで誕生。
自転車のレーサーを目指していた少年でした。
しかし、不運な事故のためにその夢を諦め、ファッションの世界に転身。
挫折や資金の問題を乗り越え、遂にはエリザベス女王より大英帝国勲章
殊勲されるほどのデザイナーになります。

ポールスミス氏

そんなポールスミスのメガネコレクションは、1994年に Paul Smith Spectacles
(ポールスミス・スペクタクルス)
として発表されました。
ブランドコンセプトは「独創的なクラシック」
伝統的な技術と遊び心が共存するデザインは、世界中の人々を魅了しています。

PS7406

新作コレクションのキーワードは「NEVER ASSUME」(既製概念にとらわれるな)
テンプル(つる)の内側には、ポールスミス直筆のこの言葉が転写されています。

今回はその中から2型をご紹介。
まずはPS-9377
プラスチック素材のラミネート(張り合わせ)加工による、ポールスミスらしいデザイン。
裏側に透明感のあるカラーを配し、フロントとサイドで表情を変えています。

PS7395


もう1型はPS-9378
前枠はプラスチック、テンプルはチタン素材のコンビネーションフレームです。
カジュアルな中にもスマートさが漂う逸品。
チタン部分はツヤ消し処理が施され、上品で深みのある印象に仕上がっています。

PS7405




数々の逆境を乗り越えて自分のブランドを確立させたポールスミス。

次に運命の女神が戸をたたくのは、
このフレームに出会ったお客様の扉かもしれません。



扉を開けるには、ぜひ和光の店舗をご利用下さい。
ポールスミスは和光全店でご覧いただけます。


メガネの和光 ホームページ  http://www.megane-no-wako.co.jp
 
 和光ロゴ








  1. 2012/06/22(金) 12:00:00|
  2. ポールスミス
  3. | トラックバック:0
前のページ