メガネの和光 情報発信ブログ

エグゼクティブセレクション ローデンストック

現在、メガネの和光ではエグゼクティブセレクションを開催中です。

期間中は、和光おすすめの上質なフレーム、高性能レンズがお買い求めいただきやすくなっております。


エグゼリーフ_表面_和光_OLcs6


本日は、エグゼクティブセレクションと同時開催中のローデンストックスペシャルより
おすすめのフレームをご紹介致します。

ローデンロゴ2.jpg

ドイツブランドのローデンストックは、そのつくりの堅牢さと掛けやすさから、長年根強い人気を誇るフレームです。
その大きな特徴である「バネ丁番」によって抜群の掛け心地を実現しています。
(バネ丁番の詳しいご説明はこちら

品質性能はもちろんのこと、見た目にもこだわって作られています。


ローデンストック R0180
IMG_5973-1.jpg
IMG_5974-1.jpg

こちらは、ベーシックで掛けやすいレンズシェイプの婦人フレームです。
テンプル(腕)の智元には鮮やかなスワロフスキーがちりばめられ、目元を明るく演出します。
また、テンプルは七宝が施されており、つややかな仕上がりとなっております。



ローデンストック R0264
IMG_5976-1.jpg

こちらは、紳士用フレームです。

IMG_5980-1.jpg

落ち着いた色合いと雰囲気で普段使いにおすすめのフレームです。
テンプルのローデンストックロゴマークワンポイントがアクセントとなった
シンプルかつスタイリッシュなデザインです。

上質なデザインと掛け心地をぜひ、お試し下さい。




エグゼクティブセレクションならびにローデンストックスペシャルは和光全店で10月11日(火)まで開催中です。
※高槻松坂屋メガネサロンは10月12日(水)~31日(月)に開催します。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせください。)

和光新ロゴ小 http://www.megane-no-wako.co.jp

  1. 2016/10/04(火) 10:00:00|
  2. ローデンストック
  3. | トラックバック:0

ローデンストック

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SSタイトルPOP(小)

和光では4/5(日)までスタイリッシュセレクションを開催中。
期間中は機能だけではなく、デザイン性も兼ね備えたフレーム
お求めやすくラインナップ

さらに店舗限定オリジナル企画同時開催中
各ブランドをブログにてご紹介しています。

詳しくはこちらへ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本日、3月27日は 「さくらの日」。

3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから、
1992(平成4)年、「日本さくらの会」によって制定されました。

日本の歴史や文化、風土と深く関わってきた桜を通して、自然や文化について関心を深めることを目的としています。

このように日本を象徴する花・桜ですが、ヨーロッパ・ドイツにも桜の名所と言われている街があります。


CherryBlossom.jpg

ドイツの都市・ボンにある旧市街地には、街中の道沿いに日本の八重桜が植えられています。
4月上旬が桜の見頃で、空に覆いかぶさるように咲く桜の花は、日本の桜とはひと味違う美しさがあるようです。




ローデンロゴ2.jpg


今回は、そのようなドイツで生まれたブランド・ローデンストック
「ローデンストック 2015年春 新作コレクション」の中から一部をご紹介します。

ローデンストックフレームの中ではメインのコレクションとなる「エクスクルーシブ(EXCLUSIV)」。
品質と機能性に重点を置き、さらにドイツの上品で重厚なデザインにこだわった最高級のフレームです。


248
R0248B.jpg

R0248A.jpg
シャープなレンズシェイプが特徴のフルリムモデル。

このモデルのテーマは、「モンドリアン」。
(モンドリアンとは、オランダ画家、ピエト・モンドリアンが確立した、線と面による独特の抽象的作風のこと。)


R0248B-3.jpg
職人の手仕事(七宝・プリント)によって彩られたテンプル(腕)は見える角度、反射などによって様々な表情を演出。
見る人によって感じることが違う、まさに絵画を表現しているようです。


R0248A-2.jpg
サイドにはスワロフスキーがあしらわれていて、宝石のような美しい輝きを放っています。


249
R0249A-6.jpg
テンプル形状が、248と同一の縁無しタイプもございます。


R0248B-2.jpg
ここでご紹介している全モデル、バネ丁番「ローダフレックス」による快適な掛け心地を実現。
フレームを掛けた時にテンプルが外に広がりにくく、見た目の印象もすっきりとします。



242
R0242A-3.jpg

フロント部の一体成型により、 丈夫さとデザイン性に優れたフルリムモデル。

このモデルのテーマは、アーキテクチャー。
(アーキテクチャーとはもともと、建築分野における設計思想や建築様式のこと。)


R0242D-1.jpg
R0242A-2.jpg
テンプルは、建築物のような立体感を持たせることで、光と陰のコントラストが美しいデザインになっています。


246
R0246B-3.jpg
丸みを帯びたスクエアなシェイプのフルリムモデル。

このモデルのテーマは、ダイヤモンドカット。
(ダイヤモンドの輝きや煌めきを決定づける、一番大切な要素が「カット」です。 )


R0246A-1.jpg

R0246B-1.jpg
サイドからテンプルにかけて、ダイヤモンドカットをイメージした模様を表現。
特殊な技術で光輝く一滴の形を表現することで、高級感を演出しています。

この模様のカラーと周辺のカラーを変えるなど、工夫を凝らした色使い・デザインにも注目です。




ローデンストックは、「眼鏡をより楽しく、軽く、シンプルに快適に着用するにはどうすれば良いのか。」を
常に考え、そこから革新的なフレームを生み出しているブランドです。

この春、ローデンストックでひと味違う、掛ける喜びを感じてみてはいかがでしょうか。




ローデンストック和光全店 でご覧いただけます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせください。)

和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp
  1. 2015/03/27(金) 10:00:00|
  2. ローデンストック
  3. | トラックバック:0

ローデンストック

日本の夏といえば「猛暑」という言葉がぴったりですが、
世界に目を向けるとまた違った夏が存在します。

ワールドッカップ優勝が記憶に新しいドイツは、7月・8月でもあまり気温が高くならず
また、降水量も少ないため日本に比べて過ごしやすいそうです。

夏がドイツ旅行におすすめの時期なことからも、日本との気候の違いが伺えます。

緯度が高く日本よりも陽の長い夏のドイツの夜に、ドイツビールを飲みながらウィンナーを食べる・・・
想像するだけでお腹の音が聞こえてきそうです。



本日はそんなドイツから生まれたメガネブランド
ローデンロゴ
2014年新作をご紹介致します。

2014年新作のテーマは「さまざまな面」です。

曲がり、捻り、凸凹、削りといった様々な面に着目し、
色や光のあたる角度でその都度違った面が現れるようにデザインされています。



〇紳士
ローデン1
コレクションのテーマであるさまざまな面をテンプル(腕)に施したデザインが特徴です。

ローデン2


R0227はラウンド型のレンズシェイプがすっきりとした印象です。
ローデン3
コレクションの中でも天地が深いレンズシェイプが特徴です。

ローデン4
テンプルにデザインされた「さまざまな面」は、見る角度によって異なった表情を見せます。


〇婦人

ローデン5

適度に丸みを帯びた掛けやすいレンズシェイプのデザインです。

ローデン6
テンプルには七宝が施されています。

ローデン7
また七宝には加工を施すことで、グラデーションを表現しています。


もちろん紳士・婦人ともにローデンストック最大の特徴であるバネ丁番構造で、掛け心地も抜群です。
(バネ丁番の詳しいご説明はこちら
ローデン9



今年の夏はローデンストックのメガネと過ごされてはいかがでしょうか。


ローデンストックは 和光全店 でご覧いただけます。

(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせください。)

和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp


  1. 2014/07/25(金) 10:00:00|
  2. ローデンストック
  3. | トラックバック:0

ローデンストック スペシャル

今日9月17日はモノレールの開業記念日。
1964年のこの日、浜松町から羽田空港を結ぶ日本初の旅客用モノレールが開業しました。
 
先日、2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まりましたが、
1964年といえば、そうです!前回の東京オリンピックが開催された年です。

戦後急速な復興を遂げ、日本が再び国際社会に復帰するシンボル的な意味を持ち、
アジア地域で初めて開催された歴史的なオリンピックでもありました。

近代オリンピックの第一回アテネ大会が開催されたのは117年前の1896年、
それよりさらに19年前の1877年ドイツで設立された眼鏡メーカーがあります。

ローデン ロゴ

創業136年を誇るドイツの一流ブランド ローデンストック
最高の品質と機能性を追及し続け、今も世界中から支持を集める老舗眼鏡メーカーです。

視力を矯正する役割のための品質機能性はもちろん、
ユーザーの個性を引き立たせる見た目(外見)にもこだわって作られています。
1ローデンストック 107-crop


R0212 スクエアな形ですが角を丸くし全体にやさしいデザインに仕上がっています。
従来モデルより少し縦幅を浅くしたことで若々しい印象です。
金NR正面


テンプル(腕)もロゴマークの付いたプレート部分の色の切り替えがアクセントになった
シンプルですがスタイリッシュなデザインです。
金ローデンテンプル上下


ローデンストックといえばバネ蝶番。1975年に世界で初めて開発されたバネ蝶番
ローダフレックス」を採用したフレームを発売しました。
photo04[1]
ローダフレックスは、腕(テンプル)の内側10度からバネが効く特殊構造により、
高いフィット感を実現しています。
また、フレームを掛けた時に腕が外に広がらず、見た目の印象もすっきりとします。


こちらは女性用モデルR0215
少し釣り目気味のシャープな玉型が顔立ちをキリッと見せてくれます。
改 赤とピンク正面 上下

女性用フレームにもしっかりとローダフレックスのバネ蝶番を採用しています。
改 智元バネ赤とピンク


テンプル(腕)のデザインは智元にスワロフスキーのクリスタルをワンポイントにあしらい、
メッキ、七宝、その上に印刷で模様をつけさらにクリア七宝を施した四層構造。
ツヤのある表面の質感となかの模様とラメの輝きが上品な仕上がりです。
ピンク赤横向き結合




和光では9月13日からエグゼクティブセレクション2013を開催中です。

エグゼ2013ロゴ②

ローデンストックスペシャルを同時開催し、掲載商品以外にも多数の商品をご用意しています。
ぜひこの機会に高品質な掛け心地をお試しください。



ローデンストック和光全店でご覧いただけます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせください。)

和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp
続きを読む
  1. 2013/09/17(火) 10:00:00|
  2. ローデンストック
  3. | トラックバック:0

ローデンストック

1986年4月26日、本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋の建設が始まりました。
今から27年前の事です。
明石海峡大橋は現在でも世界最長の吊り橋としてギネス認定されています。

現在は自動車での通行が可能ですが、実際に通ってみるとその規模の大きさに圧倒されます。
それと同時に改めて日本の物作りの素晴らしさに関心させられます。

橋



本日ご紹介しますローデンストック
そんな物作りの素晴らしさを感じさせてくれるフレームです。

ローデン ロゴ


ローデンストックは1877年、ドイツにてヨーゼフ・ローデンストックによって設立されました。
創業130年を越えた今でも、世界中から支持を受ける老舗の眼鏡メーカーです。
ドイツ発祥のブランドではありますが、フレームの多くは日本で製造されています。

創業者のヨーゼフ・ローデンストックは
「眼鏡は視力を矯正する物である、ゆえに機能的でなくてはならない」
という言葉を残しています。

ファッションとしての要素も大切ですが、眼鏡本来の役割を見失ってはいけないという精神は
現在の物作りにも生かされています。

A_20130423203824.jpg


ローデンストックは紳士、婦人ともに多数のモデルがあります。
どのモデルもシンプルで流行に左右されにくいデザインです。
レンズサイズも大きめで、遠近両用レンズにも対応できます。
C_20130423203828.jpg



そしてローデンストックを語る上で欠かせないのが、高性能のバネ蝶番「ローダフレックス」
DSC_0226.jpg


今ではバネを使用するフレームは珍しくありませんが
ローダフレックスはバネを特性を最大限生かせるような工夫があります。

それはテンプル(腕)が少し内側に向くように設計する事で、
バネの稼動範囲を広くし、よりソフトなフィット感を得られるようにしてある点です。
掛け外し時にバネが効く事で、フレームに負担がかかりにくいというメリットもあります。

photo04_20130423135050.jpg





またこちらのモデルはフロント部分が一体成型で作られており、
より堅牢な作りになっています。
B_20130423203826.jpg



一体成型は一枚のチタン板をくりぬいてフロントのパーツを作りだします。
一体成型にすることで写真のようなブリッジ(左右の枠をつなぐ部分)を溶接する必要がなく、
破損しにくい構造になっています。
DSC_4.jpg





ローデンストックは他にも様々なこだわりを持ってフレームを製造しています。
それゆえにデザイン面でも、品質の面からも長くご愛用頂けます。
他のブランドに比べて、同じフレームで何度もレンズを交換される方が多い事が
それを物語っています。

このように掛ける方から末永く愛されるには、
ヨーゼフ・ローデンストックの精神とそれを具現化できる日本の物作りの技術が
必要不可欠なのです。





ローデンストック和光全店でご覧頂けます。
(掲載商品の有無につきましては、お近くの取り扱い店舗にお問い合わせ下さい。)

 和光ロゴ http://www.megane-no-wako.co.jp

  1. 2013/04/26(金) 10:00:00|
  2. ローデンストック
  3. | トラックバック:0
次のページ